いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

マツリカ

イメージ

原産地

インド・ヒマラヤ・イラン・アフガニスタン・東南アジア

モクセイ科

高さ

30~300cm

花期

6~8月

形態

常緑半つる性低木

別名等

ジャスミナム・サンバック(学名)/マツリカ/茉莉花/モウリンカ/ピカケ/サンパギータ/アラビアジャスミン/アラビアンジャスミン

日照

4月中旬~11月上旬の生育期は、戸外の直射日光下。
越冬中は、室内の日当たり。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える(水切れは厳禁)。越冬中は、ごく控えめに。

肥料

4月下旬~10月下旬に、10~14日に一度の液肥、または固形肥料の置き肥。

植え替え

4月中旬~10月上旬(酷暑期は避けたほうがよい)。

整姿

花後すぐ、つるを1/3~1/2程度に切り詰める。

繁殖

【挿し木・取り木】4月下旬~9月上旬。

耐暑性

とても強い。

耐寒性

最低8℃を保つとよい。

解説

  1. ジャスミンの仲間はたくさんあるが、ジャスミンティーの原料としてなるのは、このマツリカである。白い花には強い芳香がある。八重咲き種もある。
  2. 半つる性だが、若木のうちは低木状に育ち、つるが長く伸びないため、他のジャスミン類のように頻繁に誘引する必要はない。あんどんやフェンス、トレリスなどに軽く留めておく程度で足りる。
  3. 濃い緑色の葉の表面に光沢があり、花の無い時期でも、観葉植物として楽しめる。

注意点・病害虫

  1. 寒さに弱く、暖地でも、戸外だとかなり傷む。越冬は、なるべく暖かい室内で。

(※データ:大阪市基準)