いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

園芸用語:ヤ行・ワ行

ヤで始まる用語

八重咲き
雄しべや萼が花弁化するなどして、通常より花弁の数が増えた花。
焼き赤玉土
赤玉土を焼成し、硬く崩れにくくしたもの。通気性・保水性がある。山野草栽培などに用いる。
焼締鉢
釉薬をかけず、低温で長時間焼き上げた鉢。濃褐色で、表面はザラザラしている。山野草鉢に多い。
雄しべの先端にある、花粉の入った袋状の部分。
葯帽
ラン科植物は、雌しべと雄しべが合着した「ずい柱」を持つが、その先端にある、花粉塊を包む帽子状の物体をこう呼ぶ。
野菜
一部または全体を食用にする目的で栽培される草本。
ヤシガラ
ヤシの殻を細かく刻み、サイコロ状にしたもの。洋蘭の植え込みに用いる。
ヤシガラ活性炭
ヤシガラで作った炭。土中の有害物質を吸着させる目的で、細かく砕いたものを土中に混入する。
野生種
自然の状態で生育する植物。その地域に元からある植物だけでなく、帰化植物も含む。
山砂
近畿地方~中国地方の山地で採取される、天然の砂。花崗岩などが風化してできたもの。保水性・保肥性に優れる。
山苔
山地に自生するコケの一種。通気性・保水性に優れる。乾燥させたものが市販されており、山野草や盆栽の植え込みに用いる。

ユで始まる用語

誘引
枝やつるが絡み合わないように、人為的に誘導すること。
雄花
雄花
雄蕊
雄しべのこと。
雄蕊先熟
雄性先熟ともいう。雌雄異熟の花のうち、雄しべが雌しべより先に成熟するもの。
遊離脈
葉脈の形状の一種。葉脈が規則正しく分枝しながら広がったもの。網状脈と異なり、葉脈の先端がどこにもつながらない。
幽霊
葉や芽のうち、全体に斑が入り、緑色の部分がほとんど無いものをいう。葉緑素を欠くため性質が弱い。
有機配合肥料
有機質肥料と化成肥料を配合したもの。両者の長所を併せ持つ。
有機肥料(有機質肥料)
油かすや鶏ふんなど、動植物を原料にした肥料。土中の微生物に分解され、初めて肥料として機能する。
有機質(有機物)
園芸上は、植物の残骸や動物の排泄物・遺骸などが、微生物の働きにより、黒く腐熟したものを指す。堆肥や腐葉土が代表的。これらは別の土と混ぜるとさらに分解が進むため、「可分解性有機物」と呼ばれる。
有限花序
上から順に、下方に向かって花が咲き進む咲き方。
有性生殖
雌雄間の受精によって殖えること。子は、遺伝的に親と異なる。
雄性不稔
何らかの遺伝的要因により、正常な花粉ができないこと。
釉薬鉢
化粧鉢
有鱗芽
小さな鱗片に覆われ、保護されている芽。

ヨで始まる用語

葉腋
葉の付け根。芽があることが多い。
葉縁
葉のふちの部分。
葉芽
葉芽
葉果比
一つの果実を成らせるために必要な葉の枚数。葉が足りないと、落果したり、果実が小さくなったりする。
容器栽培
地植えではなく、鉢やプランターのような容器に植物を植えて育てること。
葉痕(葉印)
茎や枝に残る、葉の落ちた痕跡。植物の種類によって、特有の形状をしている。
葉菜類
葉を食用にする野菜。コマツナやシソ、ホウレンソウなど多数。
葉軸
羽状複葉の構成部位のうち、小葉の付く軸をいう。
幼若期
適切な環境にあるにも関わらず、植物が花芽を作らない期間。木本の場合は数年に及ぶ。
陽樹
陽地性植物のうち、木本について特にこう呼ぶ。
洋種山野草
山野草のうち、外国産の種類を、特にこう呼ぶ。
葉序
葉の付き方。「互生」「対生」「輪生」がある。
葉鞘
葉の基部が筒状になり、茎を抱いている部分。
葉状茎
茎が、葉そっくりに変形したもの。ルスカスなどに見られる。
葉身
葉っぱそのもの。植物の種類によっては、巻きひげなどに変形している。
葉針
サボテンが持つトゲのこと。葉が変形したもの。
陽樹
1…陽地性植物のうち、木本について特にこう呼ぶ。
2…タネから発芽した時、周囲が半日陰や日陰だと生育しにくい植物。針葉樹や落葉樹に多い。
陽生植物(陽地生植物)
直射日光を好み、半日陰や日陰では生育できない植物。
用土
園芸に用いる土のこと。普通の土と区別するための言い方。
葉肉
葉を構成する組織のうち、表皮以外の部分をいう。具体的には、柵状組織と海綿状組織の総称。
葉柄
葉の付け根にある、短い柄の部分。葉と、枝・茎をつなぐ。
幼葉
鉢植えのポトスのように、未熟な状態で生長が止まった葉。成葉とは形が異なる場合が多い。
葉脈
葉の内部にある、養水分の通り道。植物の種類によって、さまざまな形に広がっている。
葉面散布
薬剤や肥料などを、葉の表面に直接散布すること。薬害が出やすいため、薄い液を使う。
洋蘭
ラン科植物のうち、主に亜熱帯~熱帯地域原産のものを指す言葉。
葉緑素
葉緑体に含まれる、緑色の物質。光を吸収し、科学反応を起こす。
葉緑体
植物の細胞内にある小器官。葉緑素を含み、光合成に関わる。独自のDNAを持つ。光が足りないと白くなってしまう。
葉柄の両端に薄く張り出した、ひれ状の部分。ニシキギなどに見られる。
翼果
果皮の一部が変形し、翼(ひれ状部分)になった果実。カエデの果実が好例。
翼弁
マメ科植物の花にみられる5枚の花弁のうち、(正面から見て)左右に広がる一対の花弁をいう。
寄せ植え
一つのコンテナに、数種類の植物を植え込むこと。
予措
果実を収穫後、数日間陰干しして、果皮を乾かす作業。保存性を高めたり、味を良くするなどの効果がある。

ワで始まる用語

ワーディアンケース
照明・加温設備を備える、室内用の小型温室。
矮化剤
植物の節間の伸長を抑制し、草丈を低くする薬剤。ビーナインなどが代表的。使い方を誤ると、生育に異常をきたす。
矮性
同じ仲間の他の種類に比べて、草丈が伸びない性質をいう。
脇芽
腋芽
早生種
「わせしゅ」と読む。他の品種・系統に比べて生育期間が短く、開花・結実などが早いものをいう。
輪鉢
普通鉢のうち、鉢の深さが口径よりも若干浅いもの。平鉢よりは深い。
和名
日本における名称。一つの植物に複数ある場合、標準として使われる唯一の名前を「標準和名」という。
割子
東洋蘭において使われる言葉。株分けによって得られた子株のこと。
割る
東洋蘭において使われる言葉。株分けのこと。