いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

セントジョンズワート

イメージ

原産地

ヨーロッパ~中央アジア・北アフリカ

オトギリソウ科

高さ

20~60cm

花期

6~9月

形態

宿根草

収穫期

4~10月

別名等

ヒペリクム・ペルフォラツム(学名)/ヒペリコン/セイヨウオトギリ/西洋弟切/セイヨウオトギリソウ/西洋弟切草/セントジョーンズワート/コモンセントジョンズワート


(※その他の種類の和名・異名はページの一番下にまとめた)

日照

戸外の直射日光下(7月上旬~9月上旬は50%遮光したほうがよい)。

水やり

土の表面が乾けば与える。

肥料

3~4月と、10月に、固形肥料の置き肥。

【補足】多肥にすると、夏に枯れやすい。

植え替え

2月下旬~3月下旬か、10月下旬~11月中旬。

整姿

茂りすぎれば適宜刈り込むが、真夏と真冬は禁物。

繁殖

【株分け】植え替えと同時期。

【挿し芽】5月上旬~7月中旬か、9月。

【タネまき】3月中旬~4月下旬か、9月下旬~10月下旬。

耐暑性

やや弱い。

耐寒性

とても強い。

解説

  1. 庭木に使われるヒペリカムと同属の草本である。和名からわかるように、薬草として有名なオトギリソウの仲間でもある。
  2. 葉に黒っぽい斑点(油点)があり、光に透かすとよく目立つ。黄色い花には、レモンのような香りがある。
  3. 地面を覆うように茂るので、グラウンドカバーに適する。

注意点・病害虫

  1. 繁殖力が強いので放任しない方がよい。耐暑性に欠けるため、暖地ではそれほど暴れないが、夏が冷涼な地域では注意が必要。

収穫・利用

  1. オトギリソウと同様、茎葉にタンニンを含み、止血・殺菌作用がある。また、抗鬱、抗不安作用もある。ただし、医薬品の効果を低減させることがあるため、持病のある人は摂取しない方がよい。妊産婦は摂取不可。
  2. 花から染料がとれるらしい。

各種の和名・異名

  1. オトギリソウ/弟切草(エレクツム)
  2. ヤクシマコオトギリ/屋久島小弟切(キウシアヌム変種ヤクシメンセ)
  3. サマニオトギリ(サマニエンセ)
  4. ダイセツヒナオトギリ/大雪雛弟切(ヨジロアヌム)

(※データ:大阪市基準)