いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

アクロクリニウム/ローダンセ

イメージ

原産地

オーストラリア南部~西部・タスマニア

キク科

高さ

40~60cm

花期

4~7月

形態

一年草または多年草

別名等

ヘリプテラム/ヘリプテルム(いずれも属名)/エバーラスティング


(※各種の和名・異名はページの一番下にまとめた)

日照

【一年草種】9月下旬~7月上旬の生育期は、戸外の直射日光下(越冬中は霜除けする)。


【多年草種】3月下旬~11月中旬の生育期は、戸外の直射日光下(7月上旬~9月上旬は50%遮光)。
越冬中は、室内の日当たり(暖地なら戸外で霜除け)。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える(乾き気味に管理)。越冬中は、ごく控えめに。

【補足】多湿に弱いので、雨に当てない。

肥料

3月と、10月に、固形肥料の置き肥(多肥にしない)。

【補足】窒素(N)は控えめに。

植え付け

3月下旬~5月上旬か、9月中旬~10月下旬。

整姿

高性種は倒れやすいので、支柱を立てたほうがよい。多年草種は、夏の蒸れを防ぐため、梅雨入り前に2/3~1/2程度に切り戻す。

繁殖

【タネまき】3月中旬~4月上旬か、10月上旬~11月上旬。(秋のほうがよい。発芽適温が15℃前後と低いので、早まきは避ける。まく前に砂などでよくもみ、タネの綿毛をある程度取り除いてからまく。)

【挿し芽】4月下旬~6月下旬か、9月中旬~10月中旬(多年草種のみ)。

【株分け】植え替えと同時期(多年草種のみ)。

耐暑性

やや弱い。

耐寒性

最低0℃を保つ。

解説

  1. ヘリプテラム属の植物は、一年草扱いのアクロクリニウムとローダンセ、多年草扱いのアンセモイデス「ペーパーカスケード」などが出回る。
  2. アクロクリニウムは、以前、アクロクリニウム属の植物だったため、今でもこの名で呼ばれる。和名を「花かんざし」「姫貝細工」という。花色は、赤、桃、白がある。やや草丈が高く、株元でよく分枝するが、上部はまったく分枝せず、伸びるにつれて重みで枝垂れる。春早くにタネをまくと、低めの草丈で咲く。
  3. ローダンセは、ヘリプテラム属に含めず、ローダンセ属に分類されることもある。こちらは「広葉花かんざし」「姫貝桜」の和名を持つ。花色は、桃色が一般的だが、紅色や黄色もある。花の中心部の黄色が鮮やかで、目を引く。
  4. 「ペーパーカスケード」は、最近出回るようになった多年草である。花色は白で、中心部の黄色との対比が美しい。つぼみは赤色を帯びる。草丈は低め。多年草とはいえ、油断すると夏に枯れる。
  5. 花弁に見えるのは総苞片で、珪酸を多く含み、触るとカサカサしている。

注意点・病害虫

  1. 多肥・多湿に弱いので、過保護にせず、放任気味とする。ただし、越冬中の防寒だけは忘れない。
  2. 酸性土を嫌うため、土に石灰を施してから植え付ける。
  3. この仲間は、タネが綿毛で覆われており、水をはじくため、そのまままくと、発芽率が非常に悪い。そのため、上記のように毛を取り除いてからまく。市販のタネは、すでに綿毛が取り除かれており、そのまままいても発芽する。
  4. アブラムシが付きやすい。

余談

  1. 切り花やドライフラワーにしても花色が褪せない。ドライフラワーにする場合は、満開になる少し前に刈り取り、逆さにして乾燥させる。
  2. 「帝王貝細工」の名で知られるブラクテアツムは、ヘリクリサム属(またはブラクテアンサ属)の植物である。別種の植物とはいえ、性質や雰囲気等がよく似ている。別ページで解説済み。

各種の和名・異名

  1. ローダンセ・アンセモイデス(異名)/ペーパーカスケード/ペーパーキャスケード/ハナカンザシ/花簪(いずれもアンセモイデス)
  2. ローダンセ・フンボルティアナ/プテロポゴン・フンボルディアヌム(いずれもフンボルティアヌムの異名)
  3. ローダンセ・マングレシー(異名)/ローダンセ・マクラタ(誤名)/ローダンセ/ヒロハハナカンザシ/ヒロハノハナカンザシ/広葉花簪/ヒメカイザクラ/姫貝桜/スワンリバーエバーラスティング(いずれもマングレシー)
  4. ローダンセ・クロロセファラ亜種ロゼア/アクロクリニウム・ロゼウム(いずれも異名)/アクロクリニウム/アクロクリニューム/ハナカンザシ/花簪/ヒメカイザイク/姫貝細工/ローズエバーラスティング(いずれもロゼウム)

(※データ:大阪市基準)