いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

ホウセンカ

イメージ

原産地

インド・中国南部・マレー半島

ツリフネソウ科

高さ

20~70cm

花期

6~9月

形態

春まき一年草

別名等

インパチエンス・バルサミナ(学名)/鳳仙花/ツマベニ/ツマクレナイ/爪紅/ホネヌキ/タッチミーノット/ローズバルサム/ガーデンバルサム/ガーデンジュエルウィード

日照

4月中旬~11月上旬の生育期は、戸外の直射日光下。

【補足】耐陰性があり、多少の日陰なら耐える。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える(水切れは厳禁)。

【補足】雨に当てないほうがよい。

肥料

春の元肥の他、6~8月に、固形肥料の置き肥(雑草に近いので、多肥にする必要はない)。

植え付け

4月下旬~6月上旬。

【補足】直根性で移植を好まないので、根を切らない。

整姿

特に無し。

繁殖

【タネまき】4月中旬~6月上旬。

耐暑性

とても強い。

耐寒性

とても弱い。

解説

  1. 雑草のような印象があるが、よく見ると、とても美しい花である。花色は豊富。豪華な八重咲き(「椿咲き」「カメリア咲き」ともいう)の品種が一般的。
  2. よく知られているように、熟した果実を触ると、はじけてタネを飛ばす。そのため、しばしば雑草化する。

注意点・病害虫

  1. タネの寿命が約5年と長いため、古いタネをまいても結構発芽する。数年前のこぼれダネが、忘れた頃に発芽することもある。
  2. うどんこ病にかかりやすい。常に日当たりと風通しに気を配り、発生したら殺菌剤を散布する。
  3. 害虫は、ネコブセンチュウがよく付く。あまりに被害を受けやすいため、土がネコブに汚染されているかを調べるために、ホウセンカが利用されるという。なお、直前にホウセンカを植えていた花壇や畑は、ネコブセンチュウの数が増えているため、次に植える植物の種類に注意する。マリーゴールドを植えれば、数を抑制できる。

余談

  1. 花の汁で爪を染めることができるため、別名を「爪紅」という。
  2. 食用にはならない。

(※データ:大阪市基準)