いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

ドラセナ・デレメンシス

イメージ

原産地

熱帯アフリカ

キジカクシ科(またはリュウケツジュ科・リュウゼツラン科)

高さ

1~5m

花期

不定期

形態

常緑低木

別名等

ドラカエナ・フラグランス(学名)/ドラカエナ・デレメンシス(異名)/オオシロシマセンネンボク/大白縞千年木


アオワーネッキー(フラグランス「ヴィレンス」)
フイリアオワーネッキー(フラグランス「ヴィレンス・バリエガタ」)
ヴァルネッケイ/シロシマセンネンボク/白縞千年木(いずれもフラグランス「ワーネッキー」)

日照

4月中旬~11月上旬の生育期は、戸外で0~10%遮光(7月中旬~9月上旬は30~50%遮光)。
越冬中は、室内の日当たり。

【補足】耐陰性が強いが、なるべく日光に当てる。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える。越冬中は、ごく控えめに。

肥料

5月、7月、9月に、固形肥料の置き肥。

植え替え

4月下旬~9月下旬。

【補足】2~3年に一度行う。

整姿

伸びすぎれば、春~夏の間に切り戻す。(強剪定は、なるべく7月までに済ませる。)

繁殖

【挿し木・取り木】4月下旬~8月下旬。

耐暑性

とても強い。

耐寒性

最低8℃を保つとよい。

解説

  1. オフィスや繁華街などでよく見かける、ごくありふれたドラセナである。性質が丈夫で、比較的、耐陰性・耐寒性もあり、ドラセナの中では育てやすい部類に入る。枝変わりが出やすく、いろんな園芸品種がある。
  2. 一般的なのは、葉に白い縞斑が入る「ワーネッキー」、黄色の外斑が入る「レモン・ライム」「ロエルス・ゴールド」、節間が詰まり、濃緑色の短い葉が密生する「ヴィレンス・コンパクタ」など。
  3. 名前に「コンパクタ」と付く品種は、きわめて生長が遅く、長年、ミニ観葉として育てることが可能。
  4. この仲間は、かつて、独立したドラセナの一種だった。しかし、最近の再分類で、「幸福の木」ことドラセナ・フラグランスの仲間の一種とされた。学名も、デレメンシスからフラグランスに変わっている。

(※データ:大阪市基準)