いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

ゲイソリザ

イメージ

原産地

南アフリカのケープ地方南西部

アヤメ科

高さ

10~30cm

花期

2~4月

形態

秋植え球根

休眠期の管理

鉢のまま乾かすか、掘り上げて乾いた土に埋める

別名等

ゲイッソリザ

日照

10月上旬~5月下旬の生育期は、戸外の直射日光下(越冬中は霜除けする)。
休眠期は、日光に当てなくてよい。

【補足】日光が当たらないと花が開かない。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える(乾き気味に管理)。休眠期は、断水する。

肥料

秋の元肥の他、2~5月に、二週間に一度の液肥、または少量の固形肥料を置き肥。

植え替え

9月下旬~11月上旬、4~5号鉢に4~10球。

【補足】深さ3cm、地植えは深さ5cmで3~5cm間隔。1~2年に一度植え替える。

整姿

特に無し。

繁殖

【分球】植え付け時。

【タネまき】採ってすぐにまく。

耐暑性

わりと強い。

耐寒性

最低3℃を保つ。

解説

  1. 数種類の原種が流通する。代表的なのは、青紫花のイナエクアリス、白~紅色花のインフレクサ、紫花のスプレンディディッシマ、白花で中心が黒紫色になるツルバギエンシス、紫花で中心が赤く、その周りが白く縁取られるロケンシス、同じく紫花で中心が黒褐色となり、その周りが白と黒で囲まれるモナントスなど。

注意点・病害虫

  1. 直射日光が当たらないと花が開かないので注意。
  2. 植え付け後、まもなく葉が出てくるので、冬は防寒する。
  3. 暖地では、地植えで2~3年放任できる。なお、かなり小さな球根なので、掘り上げる場合は、なくさないように注意する。

(※データ:大阪市基準)