いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

イヌツゲ

イメージ

原産地

日本(岩手以南~九州)・朝鮮半島・済州島

モチノキ科

高さ

1~6m

花期

6~7月

【結実】10~11月

形態

常緑低木~小高木

別名等

イレックス・クレナタ(学名)/犬黄楊/柞木/ツゲ/黄楊/ヤマツゲ/山黄楊/ニセツゲ/偽黄楊/ジャパニーズホーリー/ボックスリーブドホーリー


クレナタ変種パルドサ(異名)/マメツゲ/豆黄楊/マメイヌツゲ/豆犬黄楊/ハイイヌツゲ/這犬黄楊(いずれもクレナタ「コンベクサ」)

日照

西日を避けた戸外の直射日光下。

【補足】耐陰性が強く、多少の日陰なら耐える。

水やり

土の表面が乾けば与える。

【補足】根が浅く、過度の乾燥に弱い。

肥料

2月と、7月に、固形肥料の置き肥。

植え替え

3月上旬~4月上旬、5月上旬~7月中旬、9月上旬~10月下旬のいずれか(春に行うとよい)。

【補足】根が粗く、植え替えを好まないため、なるべく傷つけない。地植え株の移植は難しい。

整姿

【剪定】3月上旬~4月上旬、5月下旬~8月上旬、10月上旬~11月上旬のいずれか。

年に一度しか剪定しない場合は、6月中旬~7月上旬頃に行う。たいへん剪定に強く、任意に刈り込める。

繁殖

【挿し木】6月上旬~10月中旬。

【タネまき】採ってすぐにまくか、乾かないよう保存して2~4月にまく。

耐暑性

とても強い。

耐寒性

強いが、極寒地では室内へ。

解説

  1. ツゲ科のツゲによく似るが、ツゲのように役立つ木ではないため、この名がある。(ツゲは、「ツゲの櫛」を始めとするツゲ細工で有名。)葉に斑が入る「黄斑イヌツゲ」や、新葉が黄金色になる品種もある。
  2. イヌツゲを、単に「ツゲ」と呼ぶこともあり、その場合、本来のツゲ(ツゲ科のツゲ)を「ホンツゲ」と呼んで区別する。なお、イヌツゲは葉が互生(一つの節から一枚ずつ互い違いに付く)だが、本物のツゲは対生(一つの節から二枚向き合って付く)で、両者の区別は容易。
  3. イヌツゲの変種であるマメツゲは葉が小さめで、木自体もあまり大きくならず、株立ち状(地際から多くの細枝が出る樹形)になる。
  4. 雌雄異株で、果実は雌株にしか付かない。モチノキ科の庭木としては珍しく、黒紫色の果実を付ける。(モチノキ科庭木類の果実は、たいてい赤色。)
  5. 刈り込みに大変強く、自由に樹形が作れるため、生垣やトピアリーによく使われる。生長の早い雄木を用いるとよい。

注意点・病害虫

  1. やや半日陰を好むが、極端に乾燥しなければ、直射日光下でも育つ。
  2. やや粘土質の土を好む。
  3. まれに、葉に不規則な黄色い斑点を生じることがある。ウイルスによる斑入りか。

余談

  1. 同じモチノキ属に、アカミイヌツゲという木があるが、イヌツゲの赤実種ではなく、別種の植物である。イヌツゲより葉が大きく、雰囲気がかなり異なる。

(※データ:大阪市基準)