いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

アヤメ

イメージ

原産地

日本(沖縄除く)・シベリア・ロシア南東部・朝鮮半島・中国東北部

アヤメ科

高さ

30~60cm(種類による)

花期

5~6月

形態

多年草

別名等

イリス・サンギネア(学名)/イリス・オリエンタリス/イリス・エクストレムオリエンタリス(いずれも異名)/文目/菖蒲


シベリアンアイリス/シベリアアヤメ(いずれもサンギネアとシビリカの交配系統の総称)
(※その他の種類の和名・異名はページの一番下にまとめた)

日照

戸外の直射日光下(酷暑期は西日を避けたほうがよい)。

【補足】耐陰性があり、多少の日陰なら耐える。

水やり

土の表面が乾けば与える(乾き気味に管理)。

肥料

3月、花後すぐ、9月に、固形肥料の置き肥。

植え替え

3月下旬~花後すぐか、10月上旬~11月中旬(春に行うとよい)。

【補足】2~3年に一度行う。エヒメアヤメは移植を嫌うので注意。

整姿

特に無し。

繁殖

【株分け】植え替えと同時期。

【タネまき】採ってすぐにまく。

耐暑性

とても強い。

耐寒性

とても強い(-25~-30℃)。

解説

  1. 日本には「アヤメ」と名の付く植物が複数あるが、本物のアヤメは、ここで取り上げたイリス・サンギネア、ただ一種類である。花弁の基部にある複雑な網目模様(「文目(あやめ)」)が、最大の特徴。白花種もある。丈夫で育てやすく、まったく手がかからない。
  2. 近縁の三寸アヤメは、名前の通り、草丈が10cm前後しかなく、鉢植え向き。花の大きさは、普通のアヤメより一回り小さい程度。耐寒性はアヤメと同等。
  3. 中国地方と四国・九州に自生する、草丈が10cm前後のエヒメアヤメや、地中海沿岸~西アジア原産で、3~4月に咲くカンザキアヤメなどは、アヤメによく似ているが、別種である。同様に栽培できるが、カンザキアヤメは中性~ややアルカリ性の土、エヒメアヤメは山野草専用土などに植えたほうがよい。これらはアヤメより寒さに弱い(-10℃)。
  4. 中部地方以北に自生するヒオウギアヤメも、アヤメと同様に扱えるが、こちらは湿地性のため、水切れさせないように栽培する。名前の通り、花がアヤメ、葉がヒオウギに似ている。山地性の植物なので、暖地では夏に暑がる。
  5. 「シベリアンアイリス」は、アヤメと、近縁のコアヤメなどを交配して作られた園芸品種群の総称である。豪華な花で、花色が豊富。

注意点・病害虫

  1. この仲間は連作を嫌い、庭に長年植えっぱなしにすると、いつの間にか消えて無くなる。定期的な植え替えを怠らない。

各種の和名・異名

  1. スティロサ(異名)/カンザキアヤメ/寒咲菖蒲/ウィンターアイリス/アルジェリアンアイリス/アルジェリアンウィンターアイリス(いずれもウングィクラリス)
  2. シロアヤメ/白菖蒲(サンギネア品種アルビフローラ)
  3. キリシマシロアヤメ/霧島白菖蒲(サンギネア変種キリシメンシス)
  4. クルマアヤメ(サンギネア品種ステラタ)
  5. サキガケアヤメ/魁菖蒲(サンギネア「サキガケ」)
  6. ウスイロアヤメ/薄色菖蒲(サンギネア変種パリディフローラ)
  7. ツンベルギー/カマヤマ(いずれも異名)/カマヤマアヤメ/カマヤマショウブ/蒲山菖蒲(いずれもサンギネア変種ビオラセア)
  8. コアヤメ/小菖蒲(シビリカ)
  9. ヒオウギアヤメ/檜扇菖蒲/緋扇菖蒲(セトサ)
  10. カナダヒオウギアヤメ(セトサ亜種カナデンシス)
  11. ナスヒオウギアヤメ/那須緋扇菖蒲(セトサ変種ナスエンシス)
  12. キリガミネヒオウギアヤメ/霧ヶ峰緋扇菖蒲(セトサ変種ホンドエンシス)
  13. ホクリョウアヤメ/北陵菖蒲(タイフィフォリア)
  14. イトバアヤメ/糸葉菖蒲(テヌイフォリア)
  15. ミナリアヤメ/実成り菖蒲/クリスマスアイリス(いずれもフォエチディッシマ)
  16. サンギネア変種プミラ(異名)/ナンキンアヤメ/南京菖蒲/チャボアヤメ/矮鶏菖蒲/三寸アヤメ(いずれもプミラ)
  17. ネジアヤメ/マンシュウアヤメ/満州菖蒲(いずれもラクテア)
  18. マンシュウアヤメ/満州菖蒲(ルテニカ)
  19. マンシュウコアヤメ/満州小菖蒲(ルセニカ変種ユニフロラ)
  20. エヒメアヤメ/愛媛菖蒲/タレユエソウ/誰故草(いずれもロッシー)
  21. シガアヤメ(サンギネアとセトサの交雑種)

(※データ:大阪市基準)