いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

スイセンノウ

イメージ

原産地

南ヨーロッパ

ナデシコ科

高さ

50~120cm

花期

5~7月

形態

多年草または二年草

別名等

リクニス・コロナリア(学名)/シレネ・コロナリア(異名)/酔仙翁/水仙翁/ビロードソウ/フランネルソウ/ダスティーミラー


アメリカセンノウ(カルセドニカ)
カッコウセンノウ(フロス-ククリ)

日照

戸外の直射日光下。

【補足】少し耐陰性があるが、なるべく日光に当てる。

水やり

土の表面が乾けば与える(乾き気味に管理)。

肥料

4~5月と、9月に、少量の固形肥料を置き肥(多肥にすると腐る)。

植え替え

3月下旬~5月上旬か、9月中旬~11月上旬。

【補足】根詰まりしやすいので、1~2年に一度行う。

整姿

特に無し。

繁殖

【挿し芽】4月下旬~7月上旬か、9月中旬~10月上旬(挿し穂には、必ず、腋芽のある節を用いる)。

【株分け】植え替えと同時期。

【タネまき】3月下旬~5月上旬か、9月中旬~10月下旬。

耐暑性

強いが、蒸れに注意。

耐寒性

とても強い(-30℃)。

解説

  1. リクニスの仲間にもいろいろあるが、「スイセンノウ」の名で呼ばれるのは、コロナリアという種類である。茎葉が白い毛で覆われ、全体が銀色に見える。花色は、白と濃紅色のほか、白と桃の絞り咲きなどがある。栽培容易。
  2. 茎の先端にたくさんの小花を咲かせるアメリカセンノウも、同属の植物である。こちらも栽培容易。
  3. リクニス属には、他に、山野草として知られるガンピ、センジュガンピ、エンビセンノウ、オグラセンノウ、フシグロセンノウ、マツモトセンノウなども含まれる。これらは、スイセンノウに比べてやや耐暑性・耐寒性が弱く、強い直射日光を嫌うものが多い。
  4. 最近は、アンデス原産で、花弁が細く切れ込んでいる原種のフロス-ククリも見かける。以前から洋種山野草として扱われており、「カッコウセンノウ」という和名を持つ。細い茎の上に、小さめの花をたくさん咲かせ、楚々とした雰囲気がある。花色は白~桃。

注意点・病害虫

  1. とても丈夫な性質で、水や肥料は少なめでよい。日当たりがよく、乾き気味の、やせた土を好む。肥えた土では育たない。
  2. 株の寿命が比較的短く、元気に育つ期間は3~4年程度。タネから簡単に育つので、二年草扱いでもよい。
  3. こぼれダネでもよく殖える。

(※データ:大阪市基準)