いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

アロエ

イメージ

原産地

熱帯アフリカ~南アフリカ・マダガスカル・アラビア半島南部・カナリア諸島

ツルボラン科(またはアロエ科・ススキノキ科・ユリ科・ワスレグサ科)

高さ

3~2000cm(種類によって差が激しい)

花期

12~6月

形態

多年草または常緑低木

生育型

夏型または春秋型(種類による)

別名等

ロエ/ロカイ/蘆薈


ツリーアロエ(木立性種の総称)
(※各種の和名・異名はページの一番下にまとめた)

日照

4月上旬~11月中旬の生育期は、戸外の直射日光下(7月中旬~9月上旬は30~50%遮光したほうがよい)。
越冬中は、室内の日当たり(暖地なら戸外で霜除け)。

水やり

生育期は、土の表面が乾いて3~4日後に与える(多肉植物なので、乾き気味に管理)。夏越し中は月に二~三度、越冬中は、月に一度か、断水する。

肥料

4月と、9月に、少量の固形肥料を置き肥。

【補足】肥料が多いと、茂りすぎたり、伸びすぎたりする。定期的な植え替えを怠らなければ、無肥料でも差し支えない。

植え替え

4月上旬~5月上旬か、9月下旬~10月上旬(春のほうがよい)。

【補足】1~3年に一度行う。植え替え後、数日経ってから水やりを再開する。

整姿

伸びすぎれば、5~7月の間に適宜切り戻す(木立性の種類のみ)。

繁殖

【挿し芽】4月上旬~6月中旬か、9月上旬~10月上旬(挿し穂の切り口を2~3日乾かしてから挿す)。

【株分け】植え替えと同時期(株元から出る株を採取するが、種類によっては子株が出ない)。

【タネまき】採ってすぐにまく。

耐暑性

強いが、蒸れに注意。

【高山性種】とても弱い

耐寒性

種類によるが、最低5℃を保つ。

解説

  1. アロエの仲間は、昔はユリ科に分類されていたが、その後、しばしば変わり、現在はツルボラン科やススキノキ科、アロエ科などに所属する。大きさは、種類によって、高さ数cm~20mに達するものまでさまざま。多くの種類は丈夫で育てやすいが、中には、蒸れに弱い種類もある。
  2. 株の姿によって、木のように伸び上がる木立性種と、茎がごく短く、節間が詰まる無茎種に分かれる。
    • 木立性種…木立ちアロエ、ケープアロエ、シリアリス、スクァロサ、ディコトマ、バーベラエ、ピランシー、プリカティリスなど。
    • 無茎種…エリナセア、ジュクンダ、シンカタナ、ストリアタ、デスコイングシー、デルトイデオドンタ、ベラ、「千代田錦」、「不夜城」など。
  3. 花色は、朱赤、橙、黄、白、サーモンピンクなど。観賞価値の高いものが多い。
  4. 最も一般的なのは、木立ちアロエである。アロエの代名詞的な存在で、南アフリカ原産。暖地なら地植えできるほど寒さに強く、挿し芽や株分けで簡単に殖やせる。斑入り葉の品種もある。生葉の汁を傷薬や胃腸薬に用いる。便秘の薬でもある。
  5. 薬効を期待するなら、ベラ(バルバデンシス)が最適。葉に苦味がなく、健康食品などに加工されている。しかし、原産地や来歴は不明であるらしい。
  6. なお、コンパクタも味にくせがなく、食用にされるという。
  7. その他、よく見かける「鬼切丸」「千代田錦」「不夜城」などは、葉の模様や形が美しく、もっぱら観賞用だが、薬用にもなるらしい。ただし、木立ちアロエやベラほどの、優れた薬効は期待しない。「千代田錦」はやや蒸れに弱く、真夏の水やりに注意。
  8. 「不夜城」の和名を持つアロエは、ノビリスとミトリフォルミスの二種類あり、通常はノビリスのことを指す。ミトリフォルミスは、全体的にノビリスより大型。
  9. ジュクンダやデスコインシー、ハオルチオイデス、プラテンシスなど、手のひらサイズの小型種もある。子株が出やすいので、群生株に仕立てられる。
  10. ハエマンティフォリアは高山性で、耐暑性が全く無いため、暖地での栽培は不可。その他、アレニコラ、パルブラ、ラエタなども蒸れに弱い。

注意点・病害虫

  1. 有名な薬草だが、妊婦・痔疾の人は使用してはいけない。また、下剤であるため、健康な人でも、大量に服用するのは禁物。

余談

  1. 最近の遺伝子解析により、ディコトマ、ピランシ―、ラモシッシマといった大型の木立性の種類がアロエ属から分離され、アロイデンドロン属となった。その他にも、アロエ属から新たな属が複数独立している模様。
  2. 近縁属であるガステリア属やハオルチア属との属間交配種(人工属)も出てきている。

各種の和名・異名

  1. 綾錦(アリスタタ)
  2. キダチアロエ/木立ちアロエ/アルボレスケンス/アルボレスセンス/イシャイラズ/医者いらず/イシャゴロシ/キダチロカイ/キャンデラブラアロエ(いずれもアルボレッセンス)
  3. 八紘殿(アルボレスケンスの斑入り品種)
  4. 極楽錦(アレニコラ)
  5. 黄明錦(アンドンゲンシス)
  6. メラナカンサ変種エリナセア(エリナセアの異名)
  7. 鬼の手袋(カスタネア)
  8. 酔鬼亭/双子座アロエ(いずれもガリエペンシス)
  9. 雪女(クラビフロラ)
  10. 春萌錦/星仙人(いずれもコンシンナ)
  11. 化粧アロエ/食用アロエ(いずれもコンパクタ)
  12. 明鱗錦(サポナリア)
  13. キリアリス/ホソクキアロエ(いずれもシリアリス)
  14. 翡翠殿(スクァロサ)
  15. 慈光錦/口紅アロエ(いずれもストリアタ)
  16. 還城楽(ディスタンス)
  17. デスコイングシー(デスコインシー)
  18. 不夜城(ノビリス)
  19. 羽生錦/瑠璃姫孔雀(いずれもハオルチオイデス)
  20. プンクタタ(異名)/千代田錦/タイガーアロエ(いずれもバリエガタ)
  21. 千代田の光(千代田錦の斑入り品種)
  22. 青鰐/アオワニロカイ(いずれもフェロクス)
  23. 帝王錦/スパイダーアロエ/ヘッジホッグアロエ/クロコダイルジョーズ(いずれもフミリス)
  24. 獅子錦(ブルーミー)
  25. 白磁盃(プラテンシス)
  26. 碧玉扇/乙女の舞扇(いずれもプリカティリス)
  27. 竜山(ブレビフォリア)
  28. バルバデンシス(異名)/シンロカイ/真性アロエ/バルバドスアロエ/トゥルーアロエ/バーンアロエ/キュラソーアロエ/メキシカンアロエ(いずれもベラ)
  29. 鬼切丸/鬼退治アロエ(いずれもマルロティー)
  30. 不夜城(ミトリフォルミス)
  31. 唐錦(メラナカンサ)
  32. 百鬼夜行(ロンギスティラ)

(※データ:大阪市基準)