いろんな植物の育て方や知識をご紹介。

素人園芸解説 -私はこう育てる-

リプサリス

イメージ

原産地

中南米~南アメリカ

サボテン科

高さ

30~100cm(種類による)

花期

11~6月(種類による)

形態

多年草(着生植物)

生育型

夏型

別名等

葦サボテン/フィッシュボーンカクタス


(※各種の和名・異名はページの一番下にまとめた)

日照

4月上旬~11月上旬の生育期は、戸外で0~10%遮光(7月上旬~9月上旬は50%遮光)。
越冬中は、室内の日当たり。

水やり

生育期は、土の表面が乾けば与える(多肉植物なので、乾き気味に管理)。夏越し中は、月に二~三度とし、越冬中は、月に一度とする。

【補足】根元だけでなく、株全体を濡らすように与える。空中湿度も高めに保つ。

肥料

4月上旬~7月上旬と、9月中旬~10月下旬に、二週間に一度の液肥、または固形肥料の置き肥。

植え替え

4月中旬~6月上旬か、9月下旬~10月中旬。

【補足】2~3年に一度行う。植え替え後、数日経ってから水やりを再開する。

整姿

茎節が長く伸びる種類は、放置すると伸びすぎるので、適当な場所で摘み取る。古くなり、生気のなくなった茎節は、付け根から切る。

繁殖

【挿し芽】4月下旬~6月下旬か、9月中旬~10月上旬(挿し穂は1~2日置き、切り口が乾いたら、上下を間違えないように挿す)。

【株分け】植え替えと同時期。

耐暑性

わりと強いが、蒸れに注意。

耐寒性

5℃まで耐えるが、最低8℃を保つ。

【補足】高温にあわせない。

解説

  1. クジャクサボテンに近縁の、森林性着生サボテンの一種である。最近、人気が上昇しているらしく、見る機会も種類も増えた。
  2. 主な種類に、「糸葦」「黄梅」「群梅葦」「松風」などがある。「猿恋葦」は、現在は近縁のハチオラ属に分類されている。この仲間はいずれも、棒状または扁平な形をした、細長い茎節を持つ。生長は早い。
  3. 茎節が長く伸び、生長とともに枝垂れるので、吊り鉢仕立ても可能。花は、白~黄色があり、形はクジャクサボテンの花に似ているが、非常に小さく、径1cm前後。
  4. シュードリプサリス(プセウドリプサリス)も近縁の属である。育て方は同じ。

注意点・病害虫

  1. 普通のサボテンとは異なり、強い直射日光、強い乾燥、夏の蒸れ、冬の寒さ、などを嫌う。熱帯雨林の植物とはいえ、自生地は高冷地である。
  2. 着生種なので、通気性や水はけに優れる用土がよい。シャコバサボテン専用土に植えると楽。

各種の和名・異名

  1. 松風(カピリフォルミス)
  2. 浪華葦(クリスパタ)
  3. 青柳(セレウスクラ)
  4. 玉柳/チェーンカクタス(いずれもパラドクサ)
  5. ツクマネンシス(フロッコサの異名)

リプサリスの近縁属は下記。

  1. 星月夜/ムーンライト(いずれもシュードリプサリス・マクランサ)
  2. 鞍馬葦(ハチオラ・クラバタ)
  3. 猿恋葦(ハチオラ・サリコルニオイデス)
  4. ワーミンギアナ(異名)/風月(いずれもレピスミウム・ワーミンギアヌム)

(※データ:大阪市基準)